ご存知ですか?-週40時間制の基本と働き方➀ー

◎週40時間制の基本と働き方
政府において「働き方改革」の議論が進められています。

その狙いの一つに、経営者と従業員が労働時間や休日の基本を正しく理解し長時間労働の抑制等に向けて協力して、社内体制を整備していくことがあげられています。

・週40時間労働とは?
働き方を考える上で、まずは労働時間の基本について正しく理解しましょう。

⑴法定労働時間と所定労働時間

労働時間には、法定労働時間と所定労働時間があります。
➀法定労働時間
法定労働時間とは、労働基準法で定めらた労働時間の上限であり、原則として1週間につき40時間、1日につき8時間です。
➁所定労働時間
所定労働時間とは、法定労働時間の範囲内で、会社が就業規則等で自由に定めることができる労働時間のことです。具体的には、休憩時間を除く始業時刻から終業時刻までの時間をいいます。例えば、9時始業、17時終業で、休憩1時間の場合には、1日の所定労働時間は7時間になります。
休憩時間は、1日の労働時間に応じて労働時間の途中に、原則として、一斉に与える必要があります。

⑵法廷内残業と法定外残業

所定労働時間を超えると残業になり、残業代の支給が必要になります。
所定労働時間を超えて法定労働時間内(1日8時間)まで働いた場合は「法廷内残業」となり、さらに法定外労働時間を超えて働いた場合は「法定外残業」となり、この場合は一定割合以上の割増賃金を支給する必要があります。